最近の日本では、わずか20アールの水田にでも、

3条グレンタンクを使って、米作りの効率化を図る農家さんも多いと聞きます。

秋の稲穂の時期が来れば、経費がかかっても、

これを使いたくなるのは、当然だと思われます。

米作りの効率化(機械)は年配の方に至るまで、

これらの機械をそろえていくようになったのです。

 

ですが、実際のところ、経費は安くはありません。

できたら、機械のリースがもっと普及するといいところです。

と同時に、米作りの効率化が叫ばれる中で、あえて、時間と手間をかけた米作りも、

値打ちがあるのではないかと考えられるようにもなりました。

これらにこそ米作りの価値が高まる、

そして、お米の価格を下げるのを止める方法ではないかと思われるからです。

 

さて、日本の米作りは、現在では機械化がほぼ確立されてきました。

低コスト化、機械や施設の効率化、省力化に重点が置かれています。

そのため、実は、米作りの基本が軽んじられる傾向が出始めてしまったのです。

さらに、ほんのわずかの手抜きなどが原因で、大きな損害を受ける農家も出てきました。

基本技術がさらに具体的に地元農家へ提供されることが求められています。
米作りの効率化(機械)を推進すると同時に、

特に若い農業技術指導者や団塊の世代の意欲あふれる農家に、

基本技術の実践を提供してほしいものです。

 


米作りは1
年間と言うサイクルで、収穫が得られるものです。

近年、大規模栽培では機械化や省力化だけが先行して、

基本となる、米作りの技術が後回しになる傾向があります。

基本技術がまだ、広く行き渡っていないのでしょう。

米作りの意欲をさらに向上させるために必要は機会を導入しての効率化が、

米作りの基本とうまく連動することが必要です。