ここでご紹介する米作りの効率化の取り組みは、
最近かなり行われるようになったものですが、驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。
だって、人工衛星を使って、お米のタンパク質の量を測るというのです。
これは、北海道の長沼町にある中央農業試験場で行われているものですが
お米と言うのはたんぱく質が多すぎると、硬くなってまずいということに着目し、
人工衛星から可視光を当てることで、植生指数を計算するもので、
これをたんぱく地図と呼んでいます。
この人工衛星からの情報で、土地改良、肥料の選択などが間違いなく行われ、
効率の良い生産が可能になるのです。
 
これまでの米作りの効率化としては、
機械を使うとか田んぼの整備などしか考えられず、
田の状態を把握するために人が実際に現地へ行き、田んぼを観察し、
農家の人たちの意見を聞く程度のことでした。
しかしながら、空から人工衛星を使って調べることができるようになったのです。
しかも、精度が上がったのです。
これは、確実に米作りの効率化につながります。
 

現在の段階では、この方法は田んぼの規模や天候などの違いがあるために、
本土で使用するのには開発が必要ですが、
人工衛星からの情報を
米作りの効率化に生かせる時代がやってきたのです。
徐々に日本全土に広がると期待されています。
これによって、収量が増え、土地に合う品種を導入することもやりやすくなります。

また、水田管理、冷害などの被害状況の把握など、
米作りの効率化
には大きな働きをするようになるのです。