米作り:不耕起・無代かき栽培

 


不耕起・無代かき栽培は、
読んで字の如く、田んぼを耕さない米作りをする方法です。

そのうえ、肥料や農薬、除草剤を全く使わないことから、

最近はオーガニックに興味がある人たちの間でも話題になっています。

ということは、地球の環境問題に大きく貢献しているからです。

 


不耕起・無代かき栽培は田んぼを耕さないで、

自然のサイクルや性質を利用しているだけで、食物を強く育てることから、
手入れをしない農法とも言われています。

化学的な手入れをしないことで、自然の食物連鎖を保護し、

人間にもやさしい農作物が生産されます。

しかも、肥料・農薬・土を耕すためには、さまざまな農機具が必要にもなりますが、

それを使わないことから、経費の削減になり、農作業の時間も短くて済みます。

 


不耕起移植の場合は、稲刈りの後も耕さないことを初めて知る人もいるでしょうが、

それによって、田んぼには稲株や切り藁が残っています。

そこに次年度、水を張ることで、藁や稲株が水中で分解されますので、

微生物や小さな昆虫類、藻などが大量に発生するわけです。

これが生き物の餌となり、光合成をしますので、酸素が発生されます。

耕さない田んぼは、生き物の循環を作り、自然体系が豊かになるのです。

 


農地を耕した方が、苗を植える際も非常に楽ですし、除草をすることにもなるのですが、

米作りで田んぼを耕すことでのマイナス面も考えてみましょう。

それは、土が柔らかいと、苗が頑張る気力を失い、

弱い苗になってしまいますたくましくないので、農薬が必要になることです。

一番のマイナスは、作物を甘やかしてしまうことです。

農薬がどうしてお必要な弱い苗になってしまうのです。

耕起移植栽培・無代かきの一番のメリットは、丈夫な苗ができると言うことです。



eoiuiuaaicy.jpg