最近では食に対する安心・安全が重視されるようになり、

その生産者もこの点には大きな関心を持っています。

特に、我が国の食料自給率が低過ぎ、海外からの輸入品を考えた場合、

どうしても、我が国の米・農作物の安全については、

さらに徹底したい課題になっています。

これは、言い換えれば、

国産農作物が安全であることが常に確保されれば、

国内の需要が高まり、多くの人に喜ばれることが、農家への還元も増える流れになるはずです。

そこまで実現すれば、

さらに農作物や米などの生産者の意欲も高まるし、

国内の自給率も高くなるのではないでしょうか?

ここでは、

静岡県が取り組んでいる残留農薬の分析に関わる人の意見をご紹介しましょう。

できるだけ早く分析結果を出すこと、

さらに、分析装置を作っている会社での使用方法の学習などは勿論、

学会、研究会への参加で、情報収集なども必要になると、

この研究者が述べております。

残留農薬分析は、農作物を安定供給する道であり、

生産性向上のためには、病気や虫害を防ぐ農薬は欠かせないものです。

でも、使い方を誤ると、国が定めた残量基準を超える危険性があります。

農薬とは目に見えないものですので、

消費者が不安に思うのは当然ですが、

米・農作物の安全性は、農薬成分ごと、測定機器ごとに、

多くの試験方が用いられています。

正しい使い方をすれば、米・農作物の安全は保障されることを申しあげようと思います。

非常に慎重な検査となっていますので、

静岡県の米・農作物の安全にかかわることを喜んでいます。