お米の保存場所について深く考えた事はないと答える人は多いと思います。
買ってきた袋に入れたままであったり、米びつに入れるだけだったり・・・
実はお米は生鮮食品なので、とてもデリケートな扱いが必要なんですよ。
お米の適した保存場所を知って、正しく保存すれば美味しいお米が長持ちします。
では、お米の保存にはどのような場所が適しているのでしょうか。
お米が傷む原因には、高温・多湿・酸化があげられます。

よって、直射日光があたらず低温で低湿度の場所、そして酸化を防ぐ為に
密閉できる保存方法を考えましょう。
お家の中を見渡してみてその様な場所は見つかりますか?
ありました!冷蔵庫の野菜室が上記の条件をクリアできる場所です。
低温・低湿度・もちろん直射日光もあたりませんね。
他の食品の匂いがつかないように、そしてお米の酸化を防ぐためにしっかりした
密閉の容器にいれて保存します。
冷蔵庫の野菜室に空きスペースがない方にお薦めの保存方法があります。
空いたペットボトル(2リットル)にお米を入れて、冷蔵庫のドアポケットに
立てて保存するのも良いですよ。

そして米びつについてですが、
上記の条件からみても米びつはお米の保存場所には適していないことがわかります。
しかし、どうしても米びつでの保存を希望するなら、米びつ内をこまめに
お掃除されることをお薦めします。
米びつ内の隅にはヌカが残っていることが多く、
ヌカは害虫発生の大きな要因となるのでご注意下さい。

私達日本人はお米が大好きです。
だからいつでも美味しいお米を味わいたいですよね。
そのためにもお米の保存場所に適している所を知り、
正しい保存を心がけましょう。