米作り:地方別の米の取り組み例:岩手

 


無農薬・無化学肥料での米作りに挑戦されている米作り農家さんの声を、
岩手県からお届けしたくなりました。

まず、こちらは、無農薬、無化学肥料での米作り2年目の方です。

紫波町東南部に位置する妙法山からは、ピュアで豊富な沢水が流れ出ますが、

これだけが、米作りに必要なもので、この田んぼは、8年間も耕作が放棄された場所でした。

荒れ果てた土地を2年越しで切り開き、苦心の末に苗が埋めつけられたのです。

 


その成果は、1年目は1反から3俵半の米しかできませんでしたが、

その原因は手に余るほどの雑草によるものでした。

でも、この田んぼはほぼ10年間も無農薬、無化学肥料の土地だったので、

残効の心配も全くなく、出来上がったお米の味は絶品でした。

「こんな米はこれまで食べたことがない」と言って、白米のおいしさを存分に味わってくださったのが、

すでに米作り70年と言う84歳の方でした。

 


そのほか、無農薬・無化学肥料栽培として、この地ではアイガモ農法が盛んです。

50の田んぼに、36羽のアイガモを使っている米作り農家さんでは、

はじめての時にはネットから逃げ出すアイガモを捕まえるだけでも大変だったと言いますが、

アイガモにとって田んぼは、雑草や虫などがたっぷり捕まえられる場所なのですよね。

最初は近所の経験者からいろいろアドバイスをもらいましたが、

その中でもいちばん印象的だったのは、田んぼに彼らの落ち着く場所を作れと言うことでした。

そうなのです、彼らは集団で動きますので、集まる場所だけは確保しないといけないのですよね。

 

また、岩手県には山際の狭い場所にも田んぼはあります。

彦部川からの水を水田に引き込むポンプ場は地域全員で管理をし、

水路の確保、道路も補修をしてこそ山際の田んぼは生きてくるのです。

さらに、無農薬、無化学肥料での米作りは特に雑草をとる作業がすべて、手で行われることになります。

せっかくの自然環境を壊さないようにしながら、安心で安全な米作りをするには、

絶対に地域の共同作業が欠かせませんね。