中国と言えば、広大な大地のおかげもあって、世界全体の40%の米生産量をもっています。

これは世界一で、伝統的に二期作が行われているところへ、

日本からの技術や資産提供があることから、積極的に農業政策が可能になっているためです。

生産されるお米の80%は長粒米ですが、最近は、ジャポニカ米も増え、

それがほぼ20%になると、これだけでも日本の生産量を上回っているのです。

 


稲作は中国大陸の南部が中心で、揚子江中やその下流でほぼ、50%のお米が生産されております。

作付面積を観ると、1976年で3600万ヘクタールを超え、

その後は減少傾向にあるとのこと。

その理由として考えられるのは、経済が発展するにつれ、

水田が農業以外に転換したり、

野菜、果樹、養魚地に変わったことが挙げられるでしょう。

 

そこで、今後の問題としては、どのようなことがあるのか、考えておかねばなりません。

まずは、安全。中国は自然破壊を代償に目覚しい経済発展を遂げています。

それは、喜ばしいことですが、

土壌汚染など被害は植物などに蓄積し最終的には人に届きます。

そのとき人が順応するか、そういった大地を捨てるかわかりませんが、

危惧すべき問題だとおもいます。

 

次に、供給不足。収入が増えた中国の消費者の希望が、おいしいお米を希望するようになって、

品質も味も良いジャポニカ米やインディカ米が不足してきたことです。

それまでの小麦や雑穀が主食であった北の地方でも、お米を望む声が高くなり、

でも、そこまで米が届かない現状もあります。

 

これらに対して、中国雲南省では、稲の品種改良に力を入れるようになりました。

雲南省は、米作りの始まりとも考えられる土地ですが、

標高の違いによって、米作りには様々なタイプがあり、冷害やいもち病などの被害も多く、

生産量が不安定になっているからです。

実際には、日中行動研究が行われ、

冷害に強く、いもち病に強い稲を目指した結果、

1993年には、4品種、その後5品種の米が開発されたのです。

 

安全について補足昨今の農薬問題のように日本の安全基準とは違う農薬を使い虫を殺し、

企業の言うまま安全を無視した食品を栽培してしまう。

また、企業の土壌汚染の影響も当然考えなければなりません。

ただ、これは、私達も中国製品を安いだけで買っているという

環境破壊の片棒を担いでいるということを忘れずにいてください。

私は、中国人は全体が悪いと思ってません。


1番悪いのはそういった可能性がある中国の企業と取引している哲学無き企業


2番に悪いのは中国の思想がなんであれ人の安全を考えない中国の経営者


3番目に悪いのはそういった背景を考えず単純に買う私達
だと思ってます。

所詮消費活動ですが、されど消費活動です。