米の直売について

 


米の直売は、現在、パソコンを使って、

各地から特徴あるお米が直売されるようになりました。

というのも、今では各地の農業に携わる人々にパソコンが非常に普及したので、

その使い方も情報を仕入れることから、自分の作物を販売するという、

例えば米の直売にまで広がっております。

それらの中から、まずは、自然栽培と銘打って、

健康にとてもいいと言われるお米を紹介するサイトがありました。

 

も自然栽培のお米として、その特徴を紹介し、米を直売する場合にも、

インターネットであれば、それが全国にスムーズに伝わりますので、

その宣伝効果は馬鹿にできません。

そんな自然農法による米作りからネットでの直売を紹介するサイトもありますが、

それぞれの無農薬の特徴などがわかりますので、

とても安心できると、人気があります。

 

そのほか、米の袋に特徴があって、撥水効果が高いものを使うことによって、

新米の味が常温でも3年間も保証されるものもあります。

この袋は自家保有のお米の保管だけではなく、

発送にも適していて、害虫やカビを抑えるもので、食糧庁の許可が下りているとのこと。

れらは直売だからこそお客様に喜ばれるものとして利用価値が高いのかもしれません。

 

さらに、銘柄米ももちろん直販される時代です。

せっかくの銘柄米が途中でブレンドなどの被害にあうことがなく、

農家から直接お客さんに届くので、最近は直販を利用する方も増えました。

ちなみに、秋田県の「あきたこまち」を販売される農家では、

お試しに用にと2合(300グラム)を赤字覚悟で提供してくれるなどのサービスも行っています。