米の調整:酒田市


 

収穫、乾燥の後の脱穀など、

お米を販売できる状態にすることを米の調整と総称しています。

これを初めて体験した、

山形県酒田市の東北公益文科大学の学生たちをご紹介しましょう。

酒田市の東北公益科大学の学生約20人は、

自分たちで栽培した米の調整作業を体験することになったのですが、

まずは、NOSAI庄内(渡會裕之組合長)を訪問して、

さまざまな指導を受け、

その後、現地で、学生たちはNOSAI職員からアドバイスを受けながら、

脱穀から籾すりまでの調整作業を行ったのです。


 


これは同大学の呉尚浩准教授のゼミの一環だったのですが、

ゼミでは、自然と人間が共生する公益社会づくりを目指して、

さまざまなプ実践と研究を行っていたのです。彼らの田んぼ自体が、

非常に自然に優しいことからもその価値が認められていましたが、

収穫も終わり、10月初旬には、手刈り、天日乾燥の後の調整作業になりました。

脱穀機と籾すり機の操作手順、さらに残ったわらの結びつなぎなどを教わったのですが、

このように若者が米作りを最後の調整作業まで体験できることを喜びたいと思います。


 

このゼミの教授、呉准教授は、

「自分たちの田んぼでは無農薬栽培に心掛けたが、

特別なことをしなくともカブトエビが生息するまでに安全であることが証明された。

米作りが、生物と共生することを学ぶいいチャンスであった」と成果を喜んでおられた。

調整された玄米は、自分たちで試食し、味を確かめた後、

世話になった関係者に配ることができたそうである。

 

eaeiaa.jpg