景観用の品種
香大434あるいは、神丹穂という品種は、穂が紫に染まり美しい稲でドライフラワーに向きます。

へんてこ米紹介
鎌不要
ぽきぽきと折れる稲。葉でも、茎でも、根でも少し力を加えるだけ折れてしまう。
無毛稲
日本の稲は、葉などに細かい怪我生えているが、毛の無い形
アメリカでは、収穫後の作業で塵の発生が少なく健康上よいというのでほとんどがこのタイプ
糖質米
スイートコーンのように甘みを保つ稲がある。完熟するとしわくちゃの種子になる。