米作りのサービスとは、米農家が米作りに関わって後、
どのような形で消費者へ届けられるか、
その過程でのサービスにどんなものがあるのかという観点
で、
ここでは取り上げてみましょう。
参考にしたのは、滋賀県近江市の取り組みです。
この地、東近江市は近江米の生産が盛んですが、
米作りと
は、種まき、稲育て、稲刈り、次の作付準備という流れを毎年繰り返すことで、
米作り農家として、成り立つわけです。
これらの作業を地道に続け
ることで、米農家は存続ができるわけです。


さて、
稲刈りが終わり、販売が可能となった米は、どのようなプロセスを踏むのでしょうか?
それを
米作りのサービスの面からとらえてみると、
現代、一番サービスが行われやすいのはインターネットを使ったものです。
消費者はお米をWEBなどから知り、トレイアルに挑戦することが可能になります。
さらに、
e-mailによって、そのサポートを受け、
消費者が喜ぶ価格を検討しながら、提示してもらえることも可能になるのです。
このようなチャートがすでにパソコンの中には存在しますが、
これは、結局、買い得が喜ぶことで、売り手も喜ぶというサービスになるのです。
この会社名は、アンビルコンサルティングと言いますが、
購入する人の立場に立って、その運用を手伝うことが、
リピーターの確保にもつながるのではないでしょうか。
この会社の地道なアプローチが、結局は米作りの成果を上げるものになるのかと思われます。
米作りと言えども、サービスは必要です。
価格を下げるだけではない、
米作りの実情をきちんと消費者に伝えることが一番のサービスだと思いま