米作りの効率化(機械):カントリー・エレベーター

 

これまでは、収穫されたお米は、それぞれの稲作農家が乾燥、籾摺(もみすり)、

選別、検査、販売という作業を行うことで、米作りに大きな負担がかかっていました。

それが改善され、米作りの効率化が図れるようになった一つに、

カントリー・エレベータの登場があります。

私は今日まで、田んぼのそばにあるこの建物がカントリー・エレベーターであることを知りませんでした。

ここでは、それを取り上げてみましょう。

 


カントリー・エレベーターの始まりはアメリカで、

それまで大きな穀倉地帯に設置されていた貯蔵用サイロが大型して、設立されたのです。

田舎にあることから、この名前が付いたのですが、エレベーターを利用しているのが特徴です。

日本には1964年にモデル事業として農林水産省がアメリカにならって導入したのですが、

実際には、それまで使われていた貯蔵施設がない「ライスセンター」の進化版となったのです。

 

アメリカでは、豆やトウモロコシなどにも使われるのですが、

日本では転作の場合の麦を含める場合もありますが、米が主流になったところから、

米作りの効率化には大きな成果が出ております。

ここに収穫したコメを預け、すべてをまとめて乾燥させ、粒を揃える働きもします。

 

これによって、稲作農家の一軒ごとの手作業が減り、米作りの効率化が図れますが、

それだけではなく、1カ所で多くの農家の生産した米をまとめて作業することで、

地域全体の米の品質がそろうため、

質の良いコメを消費者に提供できることも大きなメリットです。