赤米の海外系の話
現在の日本では珍しい食物として栽培されている赤米ですが、海外では色々な目的から赤米が利用され栽培されているようです。
海外での赤米の利用方法は国によって様々です。
日本では赤米がお祝いの席に用意されることが多いですが、中国では赤米よりも黒米の方がお祝いの席に用いられるそうです。
赤米は「紅米」と呼ばれ日本と同じく白米に混ぜて食したり、栄養価が高いので病気のときやお年寄りがよく食べるそうです。
ネパールでは赤米は保存食にしたり、お酒や薬の材料として使われています。
やはり栄養価が高く体が温まると言われ、病気の時に食べることが多いようです。
中国、ネパール、ブータン、フィリピン、タイ、インドネシアなどでは赤米は食用として普通に栽培されています。
海外ではパサパサ感のご飯が好まれていることもあり、圧倒的に長粒のインディカ種の赤米が多く栽培されています。
また、ネパールなどのはしを使わず手で食事を習慣がある国では粘り気の少ないご飯が好まれるらしいです。
中国でもご飯単体で食することは珍しく、やはりパサパサ感が少しある方が好まれるようです。
栽培量は白米に比べればごく少量ですが、古くから一般の食卓用として広く栽培されています。
値段は白米よりかなり安く利益が少ない理由で、赤米を栽培する農家は年々減少しているそうです。高く売るために赤米を真っ白く精米して売ることもあるほどです。
白米より赤米の方が値段が高く栽培量が増えている日本とは正反対の現状です。