古代米 黒米とは
黒米とは玄米の色が黒色で、果皮・種皮の部分に黒色の色素であるアントシアニンを含んだ米です。
また、おはぎの起源で、古くから祝いの米として黒米の栽培方法が伝えられ、珍重されてきたという説もあり、
炊きあがった物を見るとそのままでもあんこをまぶしたような色合いになります。
古来、中国では宮廷献上米として皇帝や女官たちに独占されており、楊貴妃も美容食として愛用していたのではないかと伝えられているなど、
薬膳料理にも古くから使われていることから薬米の別名もあります。
栄養成分は現代の白米と比べ、たんぱく質・ビタミンB1・B2・ナイアシン・ビタミンE・鉄・カルシウム・マグネシウムなどが豊富に含まれています。
中でも、黒米の糠に含まれているポリフェノールの一種であるアントシアニンは血管の保護、動脈硬化の予防、発ガンの抑制に関係する抗酸化作用が認められていま
す。

このように栄養価が高いため黒米の栽培方法は難しいものと思われがちですが、特別な違いはありません
また、最近はこのような古代米だけでなく、各地の農業研究センターが新しい品種作ることによってをさらに難しくない黒米の栽培方法を可能にしています