米作りの栽培の仕方(6月)

 


田植えの時期はほとんど日本中、6月に行われます。
田植えは手で植えるのが一番と言われていますし、

機械を用いて田植えをするようになったのは、つい最近のことです。

できることなら、田植えは手作業で行いたいというのが、

昔から米作りをする方たちの大勢の考え方です。

思えば、田植えというのは、1年がかりの米作りの中では、

ほんの一時期にしか過ぎないからです。

お米作りの愛情とは、6月の米作りの栽培の表れかもしれません。

 

田植えを手植えする方法とは、

田んぼにラインを引き、あたかも碁石を置くような感覚で、

マイペースに行えるところも、喜ばれるゆえんでしょう。

線を引く手間だけ惜しまずに行えば、特に、碁盤目状に縦横引いておくと、

非常に楽に手植えができるのです。

 


さて、田植えが終わった田んぼでは、水の管理も必要です。

冷たい水に生き生きしてくる稲を見ることはうれしいものですが、

その後、それぞれの稲の茎が増えていく様子がわかります。

茎が増えていくことを「分げつ」と呼びますが、

6月の米作りでは、どんどん「分げつ」することが稲が元気な証拠になるのです。

 


植え付け後のもう一つの注意は、

安全な米作りの為に、農薬をできるだけ避けることです。

最近では、田んぼの中に鯉、鮒、あいがもなどを放ち、

雑草が増えるのを防ぐことができるからです。

あるいは、カラス対策をするところもあります。

田んぼに糸を張るだけでも効果があるのです。

6月の米作りの作業は、植え付けた苗が無事に成長することを見守ることが大事です。