米作りの栽培の方法(10月)

 


10月に終えてしまいたい米作りの作業は、通常は刈り取った稲の乾燥と脱穀です

乾燥は古くから伝えられている稲架にたれかけて、天日で20日間ほど干すのですが、

たまには、翌日雨が降るなんてこともありますよね。

でも、数日すると香ばしい稲の香りとともに、すぐパリパリに乾燥していくものですが、

こうして、稲が乾燥することで、すきとおったきれいなお米になるのです。

 

干し方は、風に飛ばないようにぎっしりと詰めることが大事です。

4つの株を一束として、前にひとつ、後ろに3つ、

次の束は、前に3つ、後ろにひとつという具合にかけると、

ぎっしり隙間なく干すことができます。

中には、家にも持ち帰り、庭に干したりすると、とても豊かな気持ちになるとか、

10月の米作りの栽培は、豊かさがもらえる時期なのです。

 

さて、十分乾燥させた稲の束からお米を分けて袋詰めにする作業が

10月の米作りの栽培の手順です

籾が付いた状態で保存すれば、お米の品質低下が防げるからですが、

現在は、これをする人は少なくなったそうです。

さて、必要に応じて、脱穀機をつかって、米の籾殻をとる作業も行われますが、

籾殻を取ったものが玄米として、最近は、喜ばれるようになりました。

 

足踏み脱穀機の場合は、籾柄だけが取り去られる作業で、

飛び出してくる籾殻を上手に受けとめるのも、慣れた農家さんの技の一つでしょう。

残ったわらなどを稲刈りが終わった田んぼにまき散らし、

同じ田んぼで麦を栽培することが少なくなりましたが、

麦作りをする場合は、10月には田んぼに稲わらをまき散らしておくといいですね。